化学・生物・物理担当 池上晴香先生 | 医学部を目指すならアズメディ

医学部、歯学部受験専門の家庭教師アズメディ

化学・生物・物理担当 池上晴香先生

azm_t_ikegami
化学・生物・物理担当
池上晴香先生

担当科目

化学・生物・物理

講師からのメッセージ

医学部受験における化学は、『理論化学を制する』事で大きなアドバンテージを得ることができます。
なぜなら理論化学の出題は多岐にわたり、問題のパターンも非常に多いためです。
また、計算問題が全体の8割以上を占めるためミスが多くなる分野でもあります。

一方で、有機化学や無機化学は基本的には暗記しなくてはならない部分多く、前提の知識がないと問題を解くことができない時もあります。
また、有機や無期の問題のなかには、解法として理論化学で培う知識や計算方法を多用する部分も多くあるのです。
従って、いかに理論化学を正確かつ根本から理解するかが非常に重要となってきます。

そこで、私の授業では前期と夏期でしっかりと理論化学を学習していきます。
現象や原理の解説や、実際に出題された問題を利用して解法の組み立て方を細かく理解していくことが目標です。

その後有機と無機においては、授業内で暗記ノートを作っていくので、ノートを利用し自主学習内で効率よくしっかりと覚えていきましょう。
12月以降からは過去問も利用して、問題演習を中心とした学習をしていきます。
学校によって傾向も様々ですから、特徴をしっかりつかみましょう。
入試において大切なことは『慌てないこと』です。
一つひとつゆっくりで構いませんから、確実に前進して行くことを目標に一緒に頑張りましょう!!

私は生徒の皆さんとお話しするのが大好きです。
いつでも気軽に質問に来てくださいね!

指導実績

東京大、東北大、旭川医大、北海道大、弘前大、秋田大、岩手大、山形大、福島大、福島県立医大、新潟大、筑波大、群馬大、茨城大、千葉大、横浜国立大、横浜市立大、埼玉大、首都大、東京農工大、静岡大、浜松医科、信州大、岩手医科、自治医大、慈恵医、杏林、東京女子医大、東京医科、日本医科、日本大、聖マリアンナ、東海大、帝京大、埼玉医科、北里大、愛知医科、早稲田、明治、法政、立教、東京理科