医学部受験 合格への道は 準備が重要 | 医学部を目指すならアズメディ

医学部、歯学部受験専門の家庭教師アズメディ

医学部受験 合格への道は 準備が重要

その人気はとどまるところを知らないといわれている「医学部人気」ですが、当然合格するには非常に難関となっています。

ある程度の偏差値があるから簡単に通るというレベルではないだけに、前もっての「準備」が必要となってきます。

ここではどの段階からどのような準備をしていけば良いのかについて紹介していきたいと思います。

私立中学、高校からの優位性

準備は早い方が良い、私立中学受験から?

医学部を受験する学生で高校3年生の夏以降に医学部受験を決心したという学生はほとんどいません。

前もって準備をしてきている学生が大多数なのです。

ではどこから準備をしていくのかですが、一つの考え方に「中学受験から」というものがあります。

これは医学部の合格者数を見ていけばわかります。

平成30年度の東京慈恵会医科大学の合格者数110名のうち、私立中高一貫教育校出身者が87名、国公立高校出身者が23名となっているのです。

これは他の大学の医学部でも大きな割合の差はなく、だいたい同じくらいの割合となっています。

つまり私立中高一貫教育校に通っている方が、圧倒的に合格実績を出しているという事実があるのです。

なぜ私立中高一貫教育校は有利なのか?

医学部の受験には複数の科目で高得点を取る必要があります。

国公立大学であれば5教科7科目を受ける必要もあります。

そう考えると普通の教育カリキュラムで学習していてはとても間に合わないということになるのです。

そのために「先取り教育」が行われることになります。

例えば中学1〜2年生のうちに中学校のカリキュラムをすべて学習してしまいます。

中学3年生時には高校内容に突入します。

本来であれば高校入試の勉強をしなければならないのですが、中高一貫教育校であればそれも必要ありません。

そして高校2年生までにはすべての高校カリキュラムも終了させてしまうのです。

そうすると高校3年生は大学入試に的を絞った勉強ができるようになるのです。

これが一度国公立高校入試を挟む生徒との大きな差になっていくのです。

さらなる私立中高一貫教育校の有利な点

もう一つは私立中高一貫教育校には「医学部志望者が多い」ということです。

早い段階から医学部を目指す生徒は中高一貫教育校を目指すという傾向があります。

そういった成績が優秀な学生が集まり、さらに競争心を持って勉強をしていくことでさらなる向上が生まれてくるのです。

これも私立中高一貫教育校が有利な点と言えるでしょう。

国公立高校からでは医学部は合格できないのか

結論から言えば国公立高校からでも医学部は合格できます。

中高一貫教育校の方が合格者数が多いのは単純に医学部を志望している母数が多いからということもあるからです。

また、一度高校入試を挟んでいるためにメリハリもありますし、モチベーションも保ちやすいというメリットもあるからです。

もちろん家庭教師や予備校などで先取り学習をしていく必要性はありますが、絶対に合格できないというわけではありません。

やはり決め手となるのは綿密な準備

医学部の受験に一発逆転はない

まず覚えておかなければいけないのは医学部の受験には一発逆転はないということです。

複数の教科で高得点を取らねばならず、国公立の医学部では5教科7科目を受けなければならない医学部の入試に「大番狂わせ」はありません。

また同時に「急激な偏差値の向上」もありません。

あくまでも前もって準備をして計画的に勉強を進めてきた学生が有利なのは当然なのです。

医学部の試験に慣れる

医学部の受験では受験している学生がみんなハイレベルですので、1点を争うことが頻繁にあります。

そういった試験では「確実に合わせる問題」「捨てる問題」の見極めを試験時間内に行わなければならないのです。

そのため、取れる問題は確実に、超難問は捨てるという見極めに慣れていく必要があるのです。

面接は人間性が問われる

医学部で近年問われているのは「人間性」です。

これは学力テストだけでは測ることのできない部分とも言えます。
医師の中には成績は優秀だが人間性に問題があるという医師も残念ながらいます。

また、突発的なトラブルや素早い対応が求められる医療現場に適応できるかどうかという適性もあります。

ペーパーテストではわからないこういった部分を面接で見極められるのです。

こういった面接は医学部専門の家庭教師や予備校などで練習を行っています。

必ず練習を行い、面接で不合格にならないようにしましょう。

まとめ

医学部受験は難関であるがゆえに前もっての準備が必須となります。

それは早ければ小学生のうちから始まっているとも言えるのです。

早くから準備しておけばそれだけ余裕も生まれます。

正確な情報を集め、必要な準備をしっかりとしていくことで医学部受験に打ち勝てるのです。