地方医学部のメリットとは? | 医学部を目指すならアズメディ

医学部、歯学部受験専門の家庭教師アズメディ

地方医学部のメリットとは?

医学部を目指している学生のなかでしばしば悩まれているのが、「地方の医学部」か「都心の医学部」かということです。
それぞれにメリットとデメリットがあるのですが、それがなかなかはっきりしないために悩まれているのです。
そこでここでは地方の医学部のメリット、デメリットについて紹介していきます。

【医学部入試コラム 目次】

地方と東京の違いとは

偏差値の格差

東京や京都、大阪などの大都市と呼ばれる地域の大学医学部と地方都市の大学の医学部でまず違っているのが偏差値です。
単純に偏差値は高いほど難しいと言えますが、やはり大都市の医学部の方が高くなっているのです。

以下偏差値の上位大学を見ていくと、

  • 1、東京大学 理Ⅲ  79
  • 2、京都大学     78
  • 3、大阪大学     76
  • 4、慶応義塾大学   74
  • 5、大阪医科大学   70

というように都心や大阪、京都の大学が上位を独占しています。

これは国公立に限らず都心の私立大学でも同様で、偏差値60台後半より難しいところがほとんどと言えます。
地方の大学医学部では偏差値70を超えているところはほとんどありませんので、その差は歴然と言えるでしょう。

研修、研究会などの差が大きい

都心には偏差値の高い大学の医学部が国公立や私立合わせて集中しています。
また、近くには病院、大学病院も多くそれらとも結びつきが強くなっています。
そのためこの地域では有名な医師、先生たちの講演会が開催されることも多く、勉強する機会自体が多いというメリットがあります。
さらに研修会なども開かれていますのでそこで他の大学の医学生や医師の人たちと人脈を作ることもできます。
地方になると単純に大学の医学部や大学病院などの絶対数が少ないために、こういった研修会、研究会などが開かれる回数が少なくなっています。
頻繁に人の交流があるわけでもありませんので、その点では大きなデメリットとなるかもしれません。

就職先の選択肢が違っている

医学部を目指す学生は将来像から考えて大学を選ぶ場合があります。
単純に都心の方が勤務先となる医療関係施設が多いために就職には有利になることがあります。
医学生の多くは「大学病院に残る」「学外に出て他の病院で勤務する」「実家が医療関係の場合は跡を継ぐ」といった選択肢を選びます。
そのため単純に選択肢が多い都心の方が就職には有利になることが多いのです。
ただし、実家に戻って跡を継ぐという場合には関係ありませんし、地方でもその地域で強みを発揮している大学であれば希望に合った就職先を探すことも可能でしょう。

地方医学部のメリット

地域推薦枠が利用できる

近年急激に増加傾向にあるのがこの地域推薦枠です。
大学によって、その地域の出身であることといった条件がつくことがありますが、この制度はうまく利用すればかなりのメリットがあります。
まずもっとも大きいのが学費に関してです。
大学の医学部で大きな問題とされているのが授業料の高さです。
国公立大学であってもかなり高額な授業料を6年間にわたって払い続けることになるため、奨学金を利用しても卒業後の返済が大きな負担になってきます。
ただ、地域推薦枠を利用すると条件次第では借りた奨学金を免除、つまり「返さなくても良い」という奨学金を利用することができるのです。
この場合の条件はほとんどの大学で「卒業後にそのままその地域で数年間医療業務に携わること」というものです。
もともと地方の医師不足解消の一環として始まった制度ですので、地域の医療機関で働くことに抵抗がない学生にとってはまさに最高の条件と言えます。
大学医学部卒業後は都心の病院で最先端の医療研究を行っていきたいという学生には向いていません。

医学部の割に試験難易度が低い

大学の医学部はどの大学もかなりの高倍率となっています。
数十倍の倍率になることは当たり前で、それだけ狭い門となっているのです。
センター試験で一定の点数を取ったのちにそれぞれの大学で行われる二次試験がさらに難関となっており、受験生の中でもまさにトップレベルに位置していなければまず合格できないのです。
しかし地域推薦枠を利用した場合などはこの二次試験が免除されて、センター試験や面接、小論文などによって合否が判定されます。
都心の大学よりも倍率が低くなることが多く、試験難易度としてはかなり易しいと言えるでしょう。

学内環境、生活環境が良い

都心では大学医学部が集中しているために医学生同士の競争もかなりのものとなります。
それを平気と考える学生であれば問題ありませんが、そういったものが苦手だと考えている人にとってはつらいものになります。
地方医学部では医学生の絶対数が少ないということもあって、必要以上競争が行われることはありません。
また、住宅費、食費などの生活経費も都心よりもはるかに安くすむことが多く、「生活しやすい」というメリットがあるのです。

まとめ

地方医学部には確かにデメリットもありますが、それを上回るメリットもあります。
それらを総合的に考えて都心の大学だけでなく地方の大学を視野に入れるのも良いでしょう。